スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Reason7のあれこれ

God middag!! REASONちゃんです。

いやー出ましたねReason7!!
この間5が出て、思った通りの6になって、
6.5でRack Extensionの大型アップデートがきたなーと思ったらもう7。
Thorにテンションぶち上がっていたのももう遠い昔ですねー…歳も取るわけだ。

ではでは早速今回のバージョンアップ内容を見ていきましょう!!

1.MIDI OUTの実装
ある意味今回の中で個人的に一番うれしい機能かも。
今までハードシンセを鳴らすには別のDAWとのRewireしかなかったですからねー。
今まで僕はLiveをホストにして使っていたんですけど、
それもレイテンシーなのか、そもそもの仕様なのか微妙に遅延が発生してしまうしで
なかなかストレスの溜まることが多かったので、Reason単体で完結できるのは本当にうれしい。
ついにReasonとSH-101ちゃんの百合百合連結プレイが楽しめるのか...

2.オーディオサンプルのスライス->Rex Loop化
実質的なRecycleの内臓といってよいでしょう。どの程度までの機能が実装されるかは分かりませんが
ブレイクビーツ用のWAVサンプルを多く持っているようなタイプのクリエイターにはうれしいところ。
僕自身あまりREXをあまり使ってこなかったので使用頻度が上がりそうです。

3.トラックのグループ化
Spider Audioちゃん…い、いやまだスプリッターとして十分活躍の機会があるし(震え声)

4.スペクトルアナライザの実装とSSLコンソール搭載EQのグライコ化
これも搭載しろと言われ続けてのやっと感がありますが、やっぱりうれしいものはうれしい。
いままでボコーダーを使ったえせスペアナしかなかったですからね〜。
それから、あるにはあったけど癖が強いのと微妙に操作性があれだったSSLミキシングコンソールの
EQがグライコ化も使い出が上がりそうで良いと思います。なによりGUIがかっこいい。

5.ミックスチャンネルとSSLコンソールの機能リンク
ミックスチャンネル上にSSLとリンクしたフェーダーとパンが追加。地味だ...

6.パッチ・オーディオサンプルの大幅増加
これについても見てみないことにはという感じですが、ダブステetc流行の音楽向けの
パッチがかなり強化されるみたいですね。

あとは、細かいところですが紹介動画で"FETでヴィンテージなサウンドがうんちゃら"といっているので
サウンドエンジン周りに改修が入るのかも。

こうしてみると今回のバージョンアップ内容は今まで欲しい欲しいと言われて来た機能を
一番効果的にアピールできるタイミングでうまくカードを切ったなー、という印象を受けました。
特にMIDI OUTの実装は昨今のアナログシンセブームを受けてのことでしょうし、
コンソール周りの強化はReasonをホストとした、その他DAWとはまた別の独立した製作システムとして
トータルにアピールしていきたいというRecordあたりからのPropellerheadの戦略を
一歩進めたもののようにも感じます。

それと、全体的に製作補助的な部分の改善が多い。
思えばRack Extensionの発表というのはReasonにとってもかなりの転機で、
今までのクローズドな環境下にサードパーティが参入するというのは、
"音を作る"という点については日々バージョンアップが行われている、とも言い換えられるのかもしれません。

元々Propellerhead自体精力的なベンダーではあったのですが、
裏を返せば開発力やソフトの特殊性が自らを縛る部分も多々あったわけで。
その、今までのReasonのバージョンアップの目玉がその新デバイスの追加にあった開発負担を
外部に委託することで、大本であるPropellerheadはソフトそのものの完成度や利便性を向上させることに
注力することが出来るようになったというのが、このバージョンアップのスパンの短さに繋がった、
とも考えられるのではないでしょうか。

まーなんにせよ今回のアプデは派手さはないもののうれしいところ。80点ですっ!!(CV.ぐうかわ採点おばさん)
そして今からPropellerheadがReason 8ではどんなカードを切ってくるのか楽しみであり、怖くもあり…
(あとはシーケンサの改善くらい?)

リリース予定は2013年第2四半期、今までの流れだと夏前ぐらいでしょうか。
アプグレ価格はUR €129 / USD $129、あ、あとMacはMac OS 10.7以降対応となるらしいです。



備えよう。

Squarepusherのあれこれ:スペック編その3

はい、どうもREASONちゃんです。

一日2回更新いっちゃうぜ〜超いっちゃうぜ〜
"Everyday is Weekend"を地でいっちゃうREASONちゃん(17歳 自宅警備員)です。
(BGM:ひだま~ぶるラジオ×ハニカム)

でですね、前回のエントリーにて、
「Squarepusherのオリジナルと同一のものは作れない」
という誓約があるというようなことを書きましたが、
今回はそれについて少し触れてみようと思います。

ぐだぐだ枕詞ばかり書いても仕方がないのでささっと本題に入りますと
オリジナルとの相違点は以下の3点になります。

1.MIDI PUのオミット
2.iceni製2band EQを内臓
3.ブリッジを固定式のABM製に変更

…うん、案外差分が大きい気がする。

1.MIDI PUのオミット
うわぁこれはもう「一番ユニークな機能を外すファンの屑」と呼ばれるのは不可避ですね…
だって使い道ないんだもん!!
これについてはSqaurepusherのライブシステムも絡んで来る話で
長くなるのでまた次回以降の考察のときにでも。

2.iceni製2band EQを内臓
これも彼のシステムに絡んで来る事案なのですが、ルシアーの話によると
Zoot Chaserに標準で搭載されているこのプリアンプを
ノックダウンして使っているそうです(なのでシステムとしては組み込まれています)。

コピーを目指すのであれば「ノックダウンは自分でやるからプリアンプは別送して」
と言うべきなんでしょうが、普通に利便性を優先です。
もっと言うならば木部やコントロール周りも異なってきますが、すでにMIDI PU外したり、
そもそもTom自体が本機を改造しまくっているのもあって途中で心が折れました…

まぁこれは先述の完コピは作れないという誓約に対しての抜け道でもあるので
仕方ないし必要な変更だっだと思います、と思い込んでいます。

3.固定のABM製に変更
ベース用トレモロユニットなんて使えるかばかぁ!!(CV:林 美穂)
ここら辺は現行仕様にあわせるかどうかっていう話なのですが、
使いこなせる可能性が1オミクロンも見えなかったので素直に初期仕様に。

とまぁ、ひとまずはこんなところでしょうか。
そもそもかなり仕様が違いますし、さらに現行仕様と比べてしまえば
さらに遠い代物になっていますので、あくまで
"Squarepusherシグネチャーに可能な限り近づけた"
という程度のものになってしまいましたが、裏を返せば
現実的な仕様にはなったかなぁと思います。基本スペックのど変態ぶりはさておき。


ちなみに2012年最新のSquarepusher仕様については
Clashmusicのライブレポート写真が一番分かりやすいかと思います。

http://www.clashmusic.com/reviews/squarepusher-live-at-hackney-empire-london

ぱっとみるだけでもMIDI PUの撤去、トレモロユニット(Hipshot製?)への変更、
コントロール類、アウトプットの増設等が分かりますね。
アウトプットはステレオアウトなのかなんなのか…

ぶっちゃけここまでいっちゃうともう再現は無理。
(とゆーかエレクトロニクス関連についてはルシアーも半分くらいしか分かっていないようです)
さらにいえばこれら仕様はSquarepusherの包括的なライブシステム込みでないと
真価を発揮できないので、余剰スペックになりかねないんですよね。

ということでなんとも情けない仕様となった私のベースですが、
これからもぬるりと作業が進んだら報告等していきたいと思います。

ではでは、ばばーい♪

Squarepusherのあれこれ:スペック編その2

Gute Nacht, REASONちゃんです。



……

………

ちがうんです仕事が忙しかったんですホントです!!
コミケとかコミケとかコミケとかっ!!!!(小学生並みの言い訳)
と、とにかく本年もREASON MAGAZINE編集部をよろしくお願いします。

ということでまぁ、私のことはどうでもよいのですが(いやよくもないのですが…)、
今回もSquarepusherシグネチャーベースについてうだうだと書いていこうと思います。

まず現在の作業状況としてはボディ・ネック材の接着が完了して、
やっとシェイピングが始まったというところです。意外と進んでいません。
製作ペースについてはルシアーの本業はあくまでアンプ製作ですし、
ある程度事前に断られていたことなのですが、
自分のベースだと思うと余計に進捗が遅く感じてしまいますね。これが恋か。
大体一週間に一回メールがくれば良い方です。

続いて前回のっけたスペックからの変更点ですが、大きくは以下の2点

1.2PU(ハム×2)から3PU(ハム×2+シングル×1)に変更
2.ブリッジをHipshot A-styleからABM社製アジャスタブルタイプに変更

どちらもオリジナルに近づけるための変更ですね。

1については少し一悶着ありまして、元々ルシアーから
「Squarepusherのオリジナルと同一のものは作れない」
という誓約があるよとは聞いていたのですが、
その程度について彼と僕の間で齟齬がありまして、どうも彼は
squarepusherモデルと同じボディ構成とネック長のZoot6弦モデルを作る
という認識だったようで、それが件のPU構成とブリッジの変更だったようです。

なんというかまー、ここらへんは海と言語を挟んだ意思疎通の困難さが
もろに出たなーという感じです、難しい。結果的にはネゴ(ゴネ)により
追加チャージで上記変更を受け入れてもらえたのでよかったですが。

そして少し話は戻りますが、上記の通り実のところ現在製作依頼をしている
モデルはSquarepusherシグネチャーの完コピではありません。
タイトルに偽りありじゃねーか!訴訟も辞さない!!といわれたらもうそれまでです。すみません。

とういうことで一先ずの現状報告でした。
前回の予告と違うじゃん、てのはありますが長くなりそうなのでそちらは追々。
次回はオリジナルと現在製作のコピーの相違点について纏めようと思います。

人生という名の冒険は続く。
(日高里菜ちゃん可愛かったです^q^)



今回唯一のReason要素。
イギリスの名門"SOMA records"の看板アーティストの一人、Vector Loversの一曲。
私がReasonを使おうと思ったきっかけの一人ですね。
(というか当時はReason使っている著名アーティストなんてほとんどいなかったですし...)

ちなみに冒頭のスク水パッツンは彼の作といわれいています。
これについては面白い逸話があるので気になる方は調べてみてください。

そしてなんと!!
3/25にVector Lovers超久しぶりの新作アルバムリリース予定!!!!


備えよう

Squarepusherのあれこれ:スペック編

僕のオーダしたCumstom Ordermade Zoot6(Similar Tom's)の
最終スペックが確定しましたので公開します。
このベースの最大の特徴である部分とSquarepusherシグネチャーから
一部オミットした部分があるのでそこについては割愛(語ることが無くなってしまうので…)

Body: マッカーサエボニーTop, アメリカンスワンプアッシュバック
Neck: アメリカンブラックウォルナット×ウェンジ
Finger Board: ウェンジ
P.U.: Tom's cumstom handwiring Aero P.U. ×2
Control: Master Volume, Bass Cut/Boost, Treble Cut/Boost,
Series/parrellel X 2, on/off X 2, 1 X low pass filter
Hardware: Hipshot

このスペックはルシアーがSqaurepusherの趣向に合わせてスペックを提示して
詳細を詰めていったとのことなのですが、硬さに硬さをかけた
非常にアタックとオープンな鳴りを意識していますね。
特に特徴的なウェンジがメインのネックはMTDやWarwickを彷彿とさせます。
(そういえばSquarepusherはWarwick Thumbbass 6stを使用していますね。)

で、勘の良い方ならここまででなにを隠しているかたぶん気付かれるんじゃないかなーとw
オミットした機能は以前から2chなので語られているやつです。
こちらについてもおいおい解説していけたら良いなと思います。

ひとまず一回目の支払いが完了したのと、ルシアーから写真含む情報の
公開許可をいただいたので、気が向いたり作業進捗があったらまた更新します!

最後に、Squarepsuherのスタジオについて詳しい記事を発見したのでご紹介(※英文)
http://www.soundonsound.com/sos/may11/articles/sqpshr.htm



エレグラで観たかったですわ...

Squarepusherのあれこれ

Reasonちゃんはビースティボーイズが大好きですが、
Sqaurepusherも大好きです!
(※Reasonは関係ありません)

シンセが好きだからSquarepusherが大好きになったのか、
Squarepusherが大好きだからシンセ好きになったのかわかりませんが
Squarepusherが大好きです!!
(※何度もいいますがReasonは関係ありません)

好き過ぎてTR-606とSH-101を購入してしまった程度には大好きです!!!
(※ReasonにMidi Outは実装されていません)

さらに言うと、もともと私はベース弾きなのでベースプレイヤーとしてのTomも大好きで
以前はE8 Boogieの耳コピをしたりもしていました。

最近だと「Solo Electric Bass 1」をよく聴いているのですが
好き過ぎてSquarepusherが使用している6弦ベースのルシアーの特定と
彼と同仕様ベースのオーダーするまでについにこぎつけました。こぎつけてしまいました。





この6弦ベースですね。
ちなみに本ブランドのベースは現在日本には1本も存在していません。

存在自体は5年ほど前から知られていながらも
日本国内では仕様はおろかブランドすら
まとも特定されていなかったこのSquarepusherベースですが、
彼の機材に興味のある方もいらっしゃるのではないかと思いますので
ここは一つ人柱としてオーダーから到着までを不定期ですが
まとめてみようかなとか考えています。

なお、現在考えている方法は2つ
1.本ブログを間借りする形で不定期連載
2.日記形式で書き溜めたログをまとめて後日同人誌化

今のところはどちらにも対応できるように
過去ログを元に記事を書き溜めているところなのですが、
どちらのほうが喜ばれるでしょうか?

話のタネとしては間違いなく面白い話だと思うので
こっちのほうがいいんじゃない?というようなアドバイスがありましたら
ぜひReasonちゃんのTwitterアカウント(@reason_chan)まで
メッセージいただけると泣いて喜びます。
プロフィール

REASONちゃん

Author:REASONちゃん
Reasonちゃんです!好きなアーティストはビースティボーイズとフライングロータスです!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。