スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Squarepusherのあれこれ:スペック編その3

はい、どうもREASONちゃんです。

一日2回更新いっちゃうぜ〜超いっちゃうぜ〜
"Everyday is Weekend"を地でいっちゃうREASONちゃん(17歳 自宅警備員)です。
(BGM:ひだま~ぶるラジオ×ハニカム)

でですね、前回のエントリーにて、
「Squarepusherのオリジナルと同一のものは作れない」
という誓約があるというようなことを書きましたが、
今回はそれについて少し触れてみようと思います。

ぐだぐだ枕詞ばかり書いても仕方がないのでささっと本題に入りますと
オリジナルとの相違点は以下の3点になります。

1.MIDI PUのオミット
2.iceni製2band EQを内臓
3.ブリッジを固定式のABM製に変更

…うん、案外差分が大きい気がする。

1.MIDI PUのオミット
うわぁこれはもう「一番ユニークな機能を外すファンの屑」と呼ばれるのは不可避ですね…
だって使い道ないんだもん!!
これについてはSqaurepusherのライブシステムも絡んで来る話で
長くなるのでまた次回以降の考察のときにでも。

2.iceni製2band EQを内臓
これも彼のシステムに絡んで来る事案なのですが、ルシアーの話によると
Zoot Chaserに標準で搭載されているこのプリアンプを
ノックダウンして使っているそうです(なのでシステムとしては組み込まれています)。

コピーを目指すのであれば「ノックダウンは自分でやるからプリアンプは別送して」
と言うべきなんでしょうが、普通に利便性を優先です。
もっと言うならば木部やコントロール周りも異なってきますが、すでにMIDI PU外したり、
そもそもTom自体が本機を改造しまくっているのもあって途中で心が折れました…

まぁこれは先述の完コピは作れないという誓約に対しての抜け道でもあるので
仕方ないし必要な変更だっだと思います、と思い込んでいます。

3.固定のABM製に変更
ベース用トレモロユニットなんて使えるかばかぁ!!(CV:林 美穂)
ここら辺は現行仕様にあわせるかどうかっていう話なのですが、
使いこなせる可能性が1オミクロンも見えなかったので素直に初期仕様に。

とまぁ、ひとまずはこんなところでしょうか。
そもそもかなり仕様が違いますし、さらに現行仕様と比べてしまえば
さらに遠い代物になっていますので、あくまで
"Squarepusherシグネチャーに可能な限り近づけた"
という程度のものになってしまいましたが、裏を返せば
現実的な仕様にはなったかなぁと思います。基本スペックのど変態ぶりはさておき。


ちなみに2012年最新のSquarepusher仕様については
Clashmusicのライブレポート写真が一番分かりやすいかと思います。

http://www.clashmusic.com/reviews/squarepusher-live-at-hackney-empire-london

ぱっとみるだけでもMIDI PUの撤去、トレモロユニット(Hipshot製?)への変更、
コントロール類、アウトプットの増設等が分かりますね。
アウトプットはステレオアウトなのかなんなのか…

ぶっちゃけここまでいっちゃうともう再現は無理。
(とゆーかエレクトロニクス関連についてはルシアーも半分くらいしか分かっていないようです)
さらにいえばこれら仕様はSquarepusherの包括的なライブシステム込みでないと
真価を発揮できないので、余剰スペックになりかねないんですよね。

ということでなんとも情けない仕様となった私のベースですが、
これからもぬるりと作業が進んだら報告等していきたいと思います。

ではでは、ばばーい♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

REASONちゃん

Author:REASONちゃん
Reasonちゃんです!好きなアーティストはビースティボーイズとフライングロータスです!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。