スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年のあれこれ

どうも、最近Logic Xを買ったReason_chanです。




あけおめにゃんぱす!





ことよろにゃんぱす!





今回は昨年中にできなかった2013年良かったと思う曲大体ベスト10について
書こうと思うよ、もちろん主にアニソン、キャラソンだよ
(だって去年まともに買った洋楽ってThundercatとGang Coloursと
inc.しかなかったんだもん...)

ということでいってみよー

10.Sky The Graffiti/リーファ(竹達彩奈)
個人的に竹達さんはピンとこない声優のトップオブザトップだったんですが
(いいとこ迷い猫オーバラン!くらい)このキャラソンはでぶにゃんぽさと
リーファのあまり表立たないコロコロと表情の変わる可愛さが
詰まったハッピーな良曲でしたね。

全体的にウワモノはピアノとストリングスだけで引っ張っていく曲なんですが、
見所はドラムのプログラミングの丁寧さですかね。アレンジの複雑さを
非常によく締めています。

一方でボーカル偏重の寸詰まり気味かつゲインが低めな
ミックスバランスはちょっと残念。
(まぁ特典キャラソンにはありがちっちゃありがちですが。)

あとでぶにゃん竹達さん最近可愛くなったよね。


9.VIVA私利私欲/蝦怒川情雨(沼倉愛美)
今年もっとも飛躍したと言っても過言ではない若手声優の沼倉愛美さん、
本当に一年間ずっと楽しませていただきました、ありがとうございます。
出演作品の増加に比例してキャラソンも増えるのは必然ですので、
どの曲を選ぼうかと思ったのですが、最終的に現時点でiphoneに
残っていたこの曲にしました。

これぞキャラTHEソンという楽曲で、ぶっちゃけてとりたてて
書くべきことはないのですが、いいじゃないですか、頭使わなくて
かわいいキャラソン。

強いて言えばテンションが曲中全く変わらないのでDJではまず使えません。


8.Welcome to Sparrow's Hotel/佐藤小百合(茅原実里), 塩川環(長嶋はるか)
イントロがDJで使いやすかった(小並感)。

みのりんは入れるかどうか非常に悩んだんですが、実際のところ
ミドルテンポの4つ打ち、イントロがドラム抜き、ブレイクも多め、
大体なにに繋ぐにしても重宝した一曲でした。アニメもそこそこ面白かったしね。

ただまぁ、ヌケを意識したのかハイが全体的に割れてるっぽい(特に金物)は
何とかならなかったんですかね。


7.ORBITAL BEAT(Ver.ZABABA)/月読調(南條愛乃)、暁切歌(茅野愛衣)
シンフォギアからこの曲をチョイス。劇中カラオケで使用されたカバーですね。
この二人ならZABABAでいいだろって気もしなくはないんですが、
オリジナル(Twei wing)よりなんとなくキャラが嵌っているような気がしたので。

イメージとしては完全に最後の二人のバトルへのアンサーソング感あるんですよねー、
まぁシンフォギアは味方と戦うという往年の東映まんがまつりかよって
展開が多かったので誰でも合うような気がするんですが、うまく作中の
ギミックとして効果した選曲だったと思うので入れてみました。

曲についてはカバーですし、これも特筆すべきことはないんですが、
シンフォギアも全体的にゲイン低めのバランスの取り方なのが
結構残念なんですよね。もうちょい派手な音でも私は好みです。
あと愛衣ちゃんのハイトーンロングボイスは結構奈々様に似てるんですね。


6.ガンプラ☆ワールド/キララ(Y.AOI姉貴)
ただのCOTDじゃないか(大歓喜)

先日知人のDJがミックスで使いづらいからクソとか宣っていたので
COTDが何たるかを説教しておきました。


5.Baby/AiRi
ALcot製作のエロゲ「赤さんと吸血鬼。」のOPですね。
歌は最近だとガンダムビルドファイターズや境界線上のホライゾンなども
担当されたAiRiさん。
今年は全然エロゲソングを掘れなかったんですが、
もう今年はこれでいいかなっと。

コメディ要素のあるエロゲOPの要素を満たしまくりつつ、
思いの外きっちり作られていたので(年末という時期もあったとは思いますが)
結構満足感のある曲でした。巻弦ゴリゴリするリフしゅきしゅきマンです。

全然話は変わるのですが、昨年末のとある忘年会で初対面の方と
本曲の素晴らしさで意気投合したのは良い思い出です。


4.One Day/Tokyo No.1 Soul Set
早々にアニソンじゃなくなりましたが、シリーズ原案が佐藤大さんで
舞台がゲーセンならもはやこれはゲーソンと言っていいのではないでしょうか、
いいよね、うん。

まぁ、相変わらず最高だったんですけど(特にドラマの世界ともマッチしていてね)
ちょっと前のハウス指向が若干抜けて来たのは個人的には好印象だったかなと。

最近よく、アーバンなトラックに食傷気味って話を聞きますが、
やっぱりアーバン、いいよ、原体験を共有できる音っていうのは。
ドラマのほうもあまり金はかかっていないんですが、
佐藤大さんが通過して来たゲームに限らないアンダーグラウンドカルチャーの
粋や、どうしようもない情けなさや汚さ、それも含めて愛おしい、
それこそアーバンと形容されるフレーバーが随所に詰め込まれているので
最高にオススメです。みんなもボックスセット、買おう(提案)


3.Silverlake slip/Cafe Zurich
一曲くらいちゃんと音楽聴いてるよアッピル。
ロンドンを中心に活動している5人組インディーバンド、らしいです。
SoundcloudとTwitter以外の情報が全くないので
なかなか深い話は分からないのですが(この曲も3年ぶり2曲めですし)、
流れとしてはPhoenix等のフレンチ系インディーロックの系譜に
連なるのでしょうか。普通にかっこいいですのでオススメ。

Soundcloudからも音源落とせるのでよかったらどんぞ
https://soundcloud.com/cafe-zurich/silverlake-slip


2.ネプテューヌさがして/アフィリア・サーガ・イースト
昨年はいままで以上にアフィリアサーガの名前を聞く機会が多かったような
気がしましたが、この曲はとても良かったと思います、特に歌詞が。

ネプテューヌはほとんどのキャラがゲームハードの擬人化という作品ですが、
彼女たちを動かしている人=中の人はプレイヤー自身だったということに
守護女神たちが気付くというメタながらもグッと来ずにはいられない
ドラマチックなストーリーに中の人は大号泣ですよ。
どいつもこいつもアフィリアの話になると
のうコメOPに持っていこうとしやがって、ゴミが


僕はブラックハートちゃん!!


1.Thank You/Rotodrone
今年1000回は聴いた(断定)。
もうね、この21世紀にここまでのBraindanceを聴かせてくれただけで大満足です。

Chaos A.D.があり、Wispがいて、その正当後継筆頭と呼んでも
過言ではないのではないでしょうか。どの曲もど安定のドラムマシンサウンドと
泣きメロの洪水です。

ところで、もともとRotodroneさんはイギリスのエクスペリメンタル系
名門レーベルThe Centrifugeに所属していたと思うのですが、
本作からはかわったんでしょうか?
その割にはここもフリゲ作ってるだけのようですけど。
(ただここで使われてるBGMはけっこういい)

本曲もフリーなのでよろしければ以下からドゾー
http://www.unusualcadence.com/rotodrone/



ということで、後半は相当に息切れしていましたが、
昨年は大体こんな感じでしたということで。

今年はちゃんと盤を買うようにしたいなーと思いつつ
先立つ物もなければもう少し製作の方に力を入れたいな、
なんてこともあってどうなることやらですが、
今度もいい曲があったらTwitter等でも情報共有していきたいと思いますので
今度ともなにとぞよろしくお願い致しますm(_ _)m
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

REASONちゃん

Author:REASONちゃん
Reasonちゃんです!好きなアーティストはビースティボーイズとフライングロータスです!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。