スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Squarepusherのあれこれ:スペック編

僕のオーダしたCumstom Ordermade Zoot6(Similar Tom's)の
最終スペックが確定しましたので公開します。
このベースの最大の特徴である部分とSquarepusherシグネチャーから
一部オミットした部分があるのでそこについては割愛(語ることが無くなってしまうので…)

Body: マッカーサエボニーTop, アメリカンスワンプアッシュバック
Neck: アメリカンブラックウォルナット×ウェンジ
Finger Board: ウェンジ
P.U.: Tom's cumstom handwiring Aero P.U. ×2
Control: Master Volume, Bass Cut/Boost, Treble Cut/Boost,
Series/parrellel X 2, on/off X 2, 1 X low pass filter
Hardware: Hipshot

このスペックはルシアーがSqaurepusherの趣向に合わせてスペックを提示して
詳細を詰めていったとのことなのですが、硬さに硬さをかけた
非常にアタックとオープンな鳴りを意識していますね。
特に特徴的なウェンジがメインのネックはMTDやWarwickを彷彿とさせます。
(そういえばSquarepusherはWarwick Thumbbass 6stを使用していますね。)

で、勘の良い方ならここまででなにを隠しているかたぶん気付かれるんじゃないかなーとw
オミットした機能は以前から2chなので語られているやつです。
こちらについてもおいおい解説していけたら良いなと思います。

ひとまず一回目の支払いが完了したのと、ルシアーから写真含む情報の
公開許可をいただいたので、気が向いたり作業進捗があったらまた更新します!

最後に、Squarepsuherのスタジオについて詳しい記事を発見したのでご紹介(※英文)
http://www.soundonsound.com/sos/may11/articles/sqpshr.htm



エレグラで観たかったですわ...
スポンサーサイト
プロフィール

REASONちゃん

Author:REASONちゃん
Reasonちゃんです!好きなアーティストはビースティボーイズとフライングロータスです!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。