スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

pono playerのあれこれ

ここ数日世間を賑やかしてるpono playerですが、
個人的には思うところなんてなんもねーよ!!
ベイグラントストーリーがファミ通レビューで
40点満点取ったことはもっと別にどうでもいーよ!!

とは、もうそんなに若くもないニール・ヤングファンとして
あまりいきそうになかったので備忘録がてらちょっと書きます。


・意外となんでニール・ヤングがアイコンとして立てられたの?
ってことに言及してる意見を見かけなかったんだけど、
あの人は結構昔から道楽的に牧場経営したり鉄道模型会社の
役員になって自分で回路設計したり、バイオディーゼル事業に
金出したりと恐らく普段彼の話をしないだろう人の想像からすれば
ずっと上を行くくらいには実業家的なことをしてるので、
個人的には割と合点がいく人選でした。

あと、なんで今FLACなんだよ!2008年にはHDTracksあっただろって
意見についてはこれに繋がるかどうかはわかんないけど
2012年にBlu-ray Audioでアルバム出すって暴挙を犯して
最低限のスジは通してるんで許してやれ。

・再生可能ファイルだけを観ればウォークマンと大差ないけど、
スペックシートをよくよく読むとDAC部はES9018-2Mが搭載されるようで
(だったらDSD対応しろって突っ込みはもっともだと思います)
その他容量、価格、Ayreのフィルタ技術etc含めて
普及度という点では先発のZX1やAK240とも戦えるのかなと。

少なくとも先発組に比べればライフスタイルに食い込める
デザインではある、と思います。


ニチコンの電解コン積んでる件?低Z意識してるぜ的
アッピルなんだろうけど個人的にはデザイン(三角形)からの
ついで感を感じる。

・実際の販売価格は14.99$~24.99$予定とのこと。…まぁ普通。

ただ、これだけのことをぶち上げたんだから先発の
ハイレゾ配信サイト以上のクオリティコントロールは期待したい。

あと楽曲管理アプリもリリースするんだし、持ってるCD楽曲の
アップサンプリング機能とかつけてくれたらうれしいかも。

移行期の性かもだけど、"これはハイレゾでも欲しいタイトル"以外にも
"わざわざ買いなおすほどじゃないけどアップサンプリングできるならしたいタイトル"や、
"そもそもインディーなんでハイレゾ配信が絶望的"という
微妙なラインの音源の救い方がシェアを得る上では結構重要になるんじゃないかな。
(ここらへんDS-DACはめちゃくちゃえらい。)

・http://news.mynavi.jp/column/svalley/557/
この記事の筆者からすればCD売れネーからだろとのことだけど、
販売効率上げるのに販路広げるのは当たり前だろいいかげんにしろ。

あとCDロスレスでもクオリティ向上のマージンはあるとのことだけど
CDをプレスするまでのフィジカルな部分のコントロールの手間と
デジタル配信をして起こるデータ欠損等のリスクを比較したとき
どちらがよりコストとして高くつくのだろうか。

Blu-ray Audioで微妙に価格が上がって、しかももてあました容量に
どうでもいいフォトスライドを入れられるくらいなら
もっとシンプルに売ってほしい。




…で、結局買うの?



ニール・ヤングのファンなのでたぶん買います。
スポンサーサイト

2013年のあれこれ

どうも、最近Logic Xを買ったReason_chanです。




あけおめにゃんぱす!





ことよろにゃんぱす!





今回は昨年中にできなかった2013年良かったと思う曲大体ベスト10について
書こうと思うよ、もちろん主にアニソン、キャラソンだよ
(だって去年まともに買った洋楽ってThundercatとGang Coloursと
inc.しかなかったんだもん...)

ということでいってみよー

10.Sky The Graffiti/リーファ(竹達彩奈)
個人的に竹達さんはピンとこない声優のトップオブザトップだったんですが
(いいとこ迷い猫オーバラン!くらい)このキャラソンはでぶにゃんぽさと
リーファのあまり表立たないコロコロと表情の変わる可愛さが
詰まったハッピーな良曲でしたね。

全体的にウワモノはピアノとストリングスだけで引っ張っていく曲なんですが、
見所はドラムのプログラミングの丁寧さですかね。アレンジの複雑さを
非常によく締めています。

一方でボーカル偏重の寸詰まり気味かつゲインが低めな
ミックスバランスはちょっと残念。
(まぁ特典キャラソンにはありがちっちゃありがちですが。)

あとでぶにゃん竹達さん最近可愛くなったよね。


9.VIVA私利私欲/蝦怒川情雨(沼倉愛美)
今年もっとも飛躍したと言っても過言ではない若手声優の沼倉愛美さん、
本当に一年間ずっと楽しませていただきました、ありがとうございます。
出演作品の増加に比例してキャラソンも増えるのは必然ですので、
どの曲を選ぼうかと思ったのですが、最終的に現時点でiphoneに
残っていたこの曲にしました。

これぞキャラTHEソンという楽曲で、ぶっちゃけてとりたてて
書くべきことはないのですが、いいじゃないですか、頭使わなくて
かわいいキャラソン。

強いて言えばテンションが曲中全く変わらないのでDJではまず使えません。


8.Welcome to Sparrow's Hotel/佐藤小百合(茅原実里), 塩川環(長嶋はるか)
イントロがDJで使いやすかった(小並感)。

みのりんは入れるかどうか非常に悩んだんですが、実際のところ
ミドルテンポの4つ打ち、イントロがドラム抜き、ブレイクも多め、
大体なにに繋ぐにしても重宝した一曲でした。アニメもそこそこ面白かったしね。

ただまぁ、ヌケを意識したのかハイが全体的に割れてるっぽい(特に金物)は
何とかならなかったんですかね。


7.ORBITAL BEAT(Ver.ZABABA)/月読調(南條愛乃)、暁切歌(茅野愛衣)
シンフォギアからこの曲をチョイス。劇中カラオケで使用されたカバーですね。
この二人ならZABABAでいいだろって気もしなくはないんですが、
オリジナル(Twei wing)よりなんとなくキャラが嵌っているような気がしたので。

イメージとしては完全に最後の二人のバトルへのアンサーソング感あるんですよねー、
まぁシンフォギアは味方と戦うという往年の東映まんがまつりかよって
展開が多かったので誰でも合うような気がするんですが、うまく作中の
ギミックとして効果した選曲だったと思うので入れてみました。

曲についてはカバーですし、これも特筆すべきことはないんですが、
シンフォギアも全体的にゲイン低めのバランスの取り方なのが
結構残念なんですよね。もうちょい派手な音でも私は好みです。
あと愛衣ちゃんのハイトーンロングボイスは結構奈々様に似てるんですね。


6.ガンプラ☆ワールド/キララ(Y.AOI姉貴)
ただのCOTDじゃないか(大歓喜)

先日知人のDJがミックスで使いづらいからクソとか宣っていたので
COTDが何たるかを説教しておきました。


5.Baby/AiRi
ALcot製作のエロゲ「赤さんと吸血鬼。」のOPですね。
歌は最近だとガンダムビルドファイターズや境界線上のホライゾンなども
担当されたAiRiさん。
今年は全然エロゲソングを掘れなかったんですが、
もう今年はこれでいいかなっと。

コメディ要素のあるエロゲOPの要素を満たしまくりつつ、
思いの外きっちり作られていたので(年末という時期もあったとは思いますが)
結構満足感のある曲でした。巻弦ゴリゴリするリフしゅきしゅきマンです。

全然話は変わるのですが、昨年末のとある忘年会で初対面の方と
本曲の素晴らしさで意気投合したのは良い思い出です。


4.One Day/Tokyo No.1 Soul Set
早々にアニソンじゃなくなりましたが、シリーズ原案が佐藤大さんで
舞台がゲーセンならもはやこれはゲーソンと言っていいのではないでしょうか、
いいよね、うん。

まぁ、相変わらず最高だったんですけど(特にドラマの世界ともマッチしていてね)
ちょっと前のハウス指向が若干抜けて来たのは個人的には好印象だったかなと。

最近よく、アーバンなトラックに食傷気味って話を聞きますが、
やっぱりアーバン、いいよ、原体験を共有できる音っていうのは。
ドラマのほうもあまり金はかかっていないんですが、
佐藤大さんが通過して来たゲームに限らないアンダーグラウンドカルチャーの
粋や、どうしようもない情けなさや汚さ、それも含めて愛おしい、
それこそアーバンと形容されるフレーバーが随所に詰め込まれているので
最高にオススメです。みんなもボックスセット、買おう(提案)


3.Silverlake slip/Cafe Zurich
一曲くらいちゃんと音楽聴いてるよアッピル。
ロンドンを中心に活動している5人組インディーバンド、らしいです。
SoundcloudとTwitter以外の情報が全くないので
なかなか深い話は分からないのですが(この曲も3年ぶり2曲めですし)、
流れとしてはPhoenix等のフレンチ系インディーロックの系譜に
連なるのでしょうか。普通にかっこいいですのでオススメ。

Soundcloudからも音源落とせるのでよかったらどんぞ
https://soundcloud.com/cafe-zurich/silverlake-slip


2.ネプテューヌさがして/アフィリア・サーガ・イースト
昨年はいままで以上にアフィリアサーガの名前を聞く機会が多かったような
気がしましたが、この曲はとても良かったと思います、特に歌詞が。

ネプテューヌはほとんどのキャラがゲームハードの擬人化という作品ですが、
彼女たちを動かしている人=中の人はプレイヤー自身だったということに
守護女神たちが気付くというメタながらもグッと来ずにはいられない
ドラマチックなストーリーに中の人は大号泣ですよ。
どいつもこいつもアフィリアの話になると
のうコメOPに持っていこうとしやがって、ゴミが


僕はブラックハートちゃん!!


1.Thank You/Rotodrone
今年1000回は聴いた(断定)。
もうね、この21世紀にここまでのBraindanceを聴かせてくれただけで大満足です。

Chaos A.D.があり、Wispがいて、その正当後継筆頭と呼んでも
過言ではないのではないでしょうか。どの曲もど安定のドラムマシンサウンドと
泣きメロの洪水です。

ところで、もともとRotodroneさんはイギリスのエクスペリメンタル系
名門レーベルThe Centrifugeに所属していたと思うのですが、
本作からはかわったんでしょうか?
その割にはここもフリゲ作ってるだけのようですけど。
(ただここで使われてるBGMはけっこういい)

本曲もフリーなのでよろしければ以下からドゾー
http://www.unusualcadence.com/rotodrone/



ということで、後半は相当に息切れしていましたが、
昨年は大体こんな感じでしたということで。

今年はちゃんと盤を買うようにしたいなーと思いつつ
先立つ物もなければもう少し製作の方に力を入れたいな、
なんてこともあってどうなることやらですが、
今度もいい曲があったらTwitter等でも情報共有していきたいと思いますので
今度ともなにとぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

学園祭のあれこれ

秋の夜長にこんばんは、REASONちゃんです。
M3で買ったCDのレビューの続きを書くと言ったな
あれはウソだ!!

さてさて、秋と言えばいろんなことが楽しい季節ですが、
読書の秋、運動の秋、食欲の秋、芸術の秋...
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

REASONちゃんはというと10年越しのキルケゴールを読みながらベースを弾くための筋トレを
再開しつつラーメンを食べ歩いて相変わらずBeatport課金が捗っているのですが、
もう一つ秋には欠かせない催しものについて今日は書こうと思います。


そうだね、学園祭ライブだね(ゲス顔)


たのしい!
Q&Aのコーナー!
えの
天使

Q.学園祭ライブってなに?なにすんの?

A.大学生たちが身銭を切ったりチケットさばいた売り上げで声優さんを
自校の学園祭に呼んでトークショーやミニライブを開催する、
おおよそ文化的活動とは遠いなにかだよ。

Q.楽しいの?
A.豚なんでよく分かりません。


ということで今年参加した現場は二件

■1件目:小林ゆう&井上麻里奈トークショー@二松学舎大学

進撃の巨人のお二人、お二人とも美人すぎて目がつぶれました。

ちゃんとプロのインタビュアーを用意してたりと学園祭のトークショーとしては
とてもよくまとまっていたと思います(大体学生が進行やるとグズるから...)

小林ゆうさんはもはやマイクを握るだけで笑いが起こるモンスターぶりでしたが
しっかり進行が練られていたこともありそれでもメンツ的にかなり外行き用でしたね。
麻里奈嬢は可愛すぎ(天使か)。内容自体はベタベタだったので割愛します。

あ、あと時間あったので覗いた軽音楽部のベースがCool Z使ってて
なんだかほっこりしました。やっぱ好きなんすねぇ^〜

■2件目:ドキッ!女性だらけの俳協声優講演会in明大祭~あと鷲崎健~@明治大学
大学受験以来ぶりに明大前で降りた気がする...(滑り止めの滑り止め)
やってることは私の母校と大差ない気がしましたが、
外ステージで千本桜やってたりと今の若い子はこんな曲やるのかと
思ったり思わなかったり。あとたこ焼きが安かったです。

で、メインのトークショーの方ですが、もちろん面白くなかったわけがないのですが
完全にりえしょんの独壇場でしたね。
なんといいますか、もはや彼女は存在が事故としか言いようがないといいますか、
1件目とは善い意味で好対照ではあったのですが、一歩間違えれば
本当に事故ってたなー...とも。
そこをちゃんと纏めきれたのは、さすがポアロ・鷲崎健さんの力量あってのものでした。
(テレゴング、スタート)

まぁなんやかんやあるのですが、ただし結論として言えるのは、
これからはりえしょんの時代がくるってことでしょうか。
これだけ面白い学園祭ライブに当たったのも久しぶりのような気がします。
みんなものんのんだより、聴こう(提案)

かのんちゃんのあれこれ

Guten Tag!! REASONちゃんです。

いやーついに発表されましたね!!!!
Propellerhead公式REシンセ「PARSEC」
ということで今日は中川かのんちゃん2ndアルバム
colors」について書こうと思います。


中川かのんちゃんは、2008年より少年サンデーで連載中の
若木民喜先生によるラブコメ?作品「神のみぞ知るセカイ」に
登場する現役高校生大人気アイドルにして攻略対象ヒロインの一人、
そしてなにより、とてもかわいい(重要)です。


...詳しい説明はgoogle先生とかに聞けばいいんじゃないかな?


神のみは2010年よりテレビ東京系にてアニメ化もされ、
今までに3期が製作されています。


...詳しい説明はgoogle先生とかに聞けばいいんじゃないかな?


そしてアニメ化に際しては勿論CVも設定されたわけですが、
その際かのんちゃん役に抜擢されたのが、本作がデビュー作となる
シンデレラガールもといローラーコースターアイドル声優の
遠山奈央ちゃん(通称奈央坊、とてもかわいい)だったわけです。


...詳しい説明はgoogle先生とかに聞けばいいんじゃないかな?


今でこそ押しも押されぬ人気女性声優の一人となった奈央ちゃんですが、
そのキャリアを通じて現在まで断続的に活動しているのが
神のみからのスピンオフ「中川かのん」としての活動でして
現在までに2回のコンサート、3枚のシングル、3枚のアルバム(内一枚はライブ盤)
をリリースしております。

かくいうREASONちゃんも奈央ちゃんの大ファンでして。
ほぼ声優ライブ初参加でもあった1stソロコンサートの正面最前列を
半ばぶんどられる形で兄に譲ったのも今ではいい思い出です。(絶対許さない)
そんなかのんちゃん(奈央ちゃん)の2ndアルバムが去る10/30に
満を持してリリースされたとあってはブログの書かざるを得ないよね。

まぁ実際のところは半分はシングル曲なのであんまり書くことはないのですが
新録曲もやはり安定してアイドルアイドルしていて大変素晴らしいです。
かのんちゃんは80'sアイドルっぽさをかなり意識しているのですが
今回は恋愛をテーマとしながらもかなり世界観を使い分けていたのが
個人的には印象的でしたね。
特にアルバム中盤の「ろまんてぃっく愛情」はどちらかというともう少し
年齢が上の、ちょっと苦い恋の別れという、今までかわいいかわいいな
イメージかとは違う一面が観れる良曲でした。
(音少なめでリバーブがよく見えるあたり意識したアーティストとかいるんでしょうか?)

で!!

そんなスーパーアイドル中川かのんちゃんの楽曲が
満喫できるイベントが今週末に秋葉原MOGRAで開かれるらしいですよ

声クラ! Vol.7
http://club-mogra.jp/2013/11/09/1828/

声オタDJたちが自分の好きな声優ソングを大音量で聴くためだけに
始めたという、字面にするとアレさしかないイベントですが
まぁ実際アレです。(というかかのんちゃん声優じゃないだろ...)

ですが、イベント以外で声優ソングを大音量で聴ける機会なんてそうそうないですし
出ているDJたちは間違いなく信用できる猛者しかいません。REASONちゃんが保証します。
秋も深まる今日この頃、声豚仲間が欲しいけど人とはちょっと違う層で探したいなんて
天の邪鬼なあなたにぜひお勧めしたいイベントです。


ということで,
今日はここら辺でドロンさせてもらうでやんすよっ!!(CV.りえしょん)

Washed Outだー

M3のあれこれ

みなさまおはようございますの方はおはようございます

こんにちはの方はこんにちは

こんばんはの方はこんばんは

にゃんぱすな方はにゃんぱすー




にゃんぱすー





ご無沙汰しておりますREASONちゃんです。

REASON MAGAZINE第一号リリースからはや1年が経とうとしておりますが
みなさまお変わりはございませんでしょうか。


REASONちゃんはと言いますと

兄兄弟が結婚したり、

実家(茨城)に帰ったり、

艦これしたり、

そこそこに元気にやっておりましたが、
ここ最近は音楽制作からも微妙に遠ざかり(Mixはちょいちょい作ってるのですが)、
ベースも一向に完成しないでなかなか更新せずにおりました。
(fc2blogのログインIDを忘れたのが主な原因だなんて口が裂けてもいえない...)

正直REASON MAGAZINEも第2号出したいねーなんて茶飲み話にはしているのですが
(そこそこネタになりそうなトピックスもでてきましたし)
リアルの都合でなかなか実現も難しそうなので、せっかくのブログを生かそうと
私事ではありますが、なにか書いてみようかと久しぶりにテキストエディタに
向かっているところであります。

で、まぁ、久しぶりの更新ということでよいネタはないかなーとデスクの上見回してみたのですが、
あったのがNewtypeとハンダゴテとM3で購入した新譜だけだったので消去法でM3で購入した
盤のレビューなんぞ簡単にしてみようと思います。

ちなみに視聴環境はAUDIO I/F(MOTU AudioExpress)とヘッドホン(Beyer DT250)です。
REASONちゃんとこではかめはめ波並に鉄板な環境です。


・Entactogen/KPD records
ダークサイドの義風堂々ことKPD records、kanabunさんの新譜、
Clock upのADV「Euphoria」のイメージアルバムだそうです。
何気にエロゲイメージアルバム案件の多い方ですが、
いい意味で近作は既存作品に比べて神経質さは抑えめに感じました。
(とはいえキンキンにとがってはいるのですが)
割とゴシックなエクスペリメンタルってロシアや東欧で一昔前は
はやっていたような記憶があるんですが(SOCIOPATHとかね)、
こうして聴いてみると感性の平行移動だけで結構日本人受けしそうだよなーなどと思うのでした。
ラストナンバーの「Euphoria」の突き放すような包まれるようなエンディング感は白眉もの。快作。

ちなみにREASONちゃんが好きなエロゲメーカーはTRYSETです。


・Hydra dub e.p./5iame5e
完全に前情報無しのdig、と思ったら旧譜が2枚出てきた。
ウワモノはインダスとりあるというかなんだけど下は割とオールドスクールな
ジャングルっぽいというか、あんまり語彙力なくてすみません。
Peter Kurtenをもっとメロディアスにしてビートを入れ替えたら
こんな感じかな(それはもはや別物では...)

曲調自体はかなり好きな感じなので今後も頑張ってほしいなと思いました。
あとジャケのネコ耳ちゃんかわいいです。


・fragments 03/minimum electric design
録音が超進化してて吹きました。これはモテる(確信)。
あとこれは余談ですが、REASONちゃんの中の人が趣味の一環で開発してる
エフェクタを使ってもらったりしてます。


・Two Memories E.P./ぶるーすとらいぷす
クラナドBGMのカバーEP。割と正統派なPOPを最近はよくやってるイメージが強かったので
インストは新鮮でした。ちなクラナドでは智代派です。


・fragment/So√A.
5枚目にして今回ベストアルバム確定。
曲調としては今までどおりのビート強めのアンビエント~ミニマルなんですが、
ドローンのつなぎ方が飛躍的に成長してますね。

ココらへんのチルアウトで重要なことって、まぁいくつかあるとは思うのですが、
最低音(ドローン)をいかにつないでいくかというのは間違いなくその一つだといえると思いますし、
逆に言えば上手く取り扱えるかでその楽曲の完成度は大きく左右されるわけで。
かといって、無論それだけではなくちゃんと散らす音は散らしてるし、奥にあるべき音は奥にあるし、
圧迫感はないし(そういう意味ではリスニング向きかと)、
綺麗に上と下の分かれた見事なミックスバランスですね。
またたとえが古くて恐縮ですが、TREADをもっと黒くしたらこんな感じになるかも。


・Velvezion/Lost Garden
同人音楽界の誇るハウス軍団、Lost Gardenの新プロジェクト。
完全にゼロ年代初頭ごろのプロッヴが元気だった頃の雰囲気で大爆笑(誉めてる)でした。
特にミックスバランスのとり方が大変すばらしいと思います。それっぽくて。
(キックの下の帯域がほどほどに薄めなところとか)



購入したCD自体はまだまだあるのですが、一向に聞き込めていないので今日のところは
ココらへんで。続きはまた気が向いた頃に書こうと思います(まだまだいろいろありますしね)。
今期アニメのこともそのうち書こうと思います。

それでは最後に、最近聴いてティンときた曲でもはって今日のところはお別れです。




それではみなさん、





さよなら





さよなら





さよなら


プロフィール

REASONちゃん

Author:REASONちゃん
Reasonちゃんです!好きなアーティストはビースティボーイズとフライングロータスです!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。